ソフトバンク光の工事!【アパートでの3パターンの方法をご紹介!】

初回投稿日2021年12月29日
全て記事投稿時の情報になります。

ソフトバンク光の工事!【アパートでの3パターンの方法をご紹介!】

ソフトバンク光の工事、アパートでは3パターンあります。

注意をしたいのは、光回線の設備がないアパートです。
ファミリータイプ(戸建て)と同じ、ソフトバンク光の光回線を引き込む工事が必要です。

ごくまれなパターンですが、古いアパートでは注意が必要です。

\アパートではスプリッターが一般的!/

ソフトバンク光の工事はアパートでも3パターンある

ソフトバンク光の工事は、アパートでは3パターンあります。

現在ではどのアパートも、光回線の設備があります。

一部の古いアパートで、光回線の設備がないと、ファミリータイプ(戸建て)と同じ回線工事が必要になります。

パターン①:スプリッターを利用した工事

ソフトバンク光の工事で、アパートで一般的なのが、スプリッターを利用した工事です。

スプリッターはいわば、光回線のハブのようなもの。
アパートの電気設備の、部屋に設置されているのが一般的です。

スプリッターまではソフトバンク光の回線が繋がっています、スプリッターから各部屋の光コンセントまで繋ぐ工事です。

宅内工事と呼ばれ、ほんの10~20分程度で終わる工事です。

専門スタッフがモデムまで設置して、ソフトバンク光が繋がっているか確認して、工事がおわります。

パターン②:光コンセントを利用した工事

ソフトバンク光の工事で、アパートで1番簡単な工事が、光コンセントを利用した工事です。

すでにアパート自体に引き込まれた光回線と、各部屋の光コンセントが繋がっています。

送られてきたモデムを、あなたご自身で専用ケーブルをモデムに繋ぐだけです。

電気のコンセントを差し込む感覚なので、1番簡単な工事です。

光コンセントが利用できれば、無派遣工事と言って、専門スタッフがアパートに来ません。

工事費も1番安く済むパターンが、光コンセントを利用した工事です。

パターン③:壁に穴あけを必要とする工事

ソフトバンク光の工事で、アパートに光回線の設備がない場合、ファミリータイプ(戸建て)と同じ回線工事が必要になります。

エアコンのダクトや電話回線、テレビのアンテナなどの回線。

すでに外部から室内に引き込まれたケーブルと、同じ場所にソフトバンク光のケーブルを引き込みます。

一部の古いアパートでは、光回線の設備がない場合があります。

アパートに光回線の設備がない場合には、ファミリータイプ(戸建て)と同じ、回線工事が必要になります。

古いアパートでもあとから光回線の、増設工事をしているので、心配する必要はありませんが。

一部の光回線の設備がないアパートでは、外部から室内に光回線を引き込む工事が必要になります。

ソフトバンク光の工事費用はアパートでも3パターンある

スプリッターを利用した場合10,560円(税込み)
光コンセントを利用した場合2,200円(税込み)
壁に穴あけを必要とした場合26,400円(税込み)

ソフトバンク光の工事費用は、アパートの設備の状態で3パターンあります。

アパートの光回線の設備の状態で、3つの工事費用が設定されています。

スプリッターを利用した場合の工事費は10,560円

スプリッターを利用した工事は、宅内工事と呼ばれ、スプリッターから各部屋までソフトバンク光を通します。

ソフトバンク光をアパートで使う場合、最も一般的な工事になります。

すでに外部からアパートの光回線の設備までは、光回線が繋がっています。

スプリッターから各部屋まで、ソフトバンク光を繋ぐ工事なので、時間は10~20分程度。

室内に専門スタッフが入るので、あなたかご家族が立ち会う必要があります。

光コンセントを利用した場合の工事費は2,200円

光コンセントを利用できるなら、無派遣工事になります。

ソフトバンク光の申し込みをして、モデムと専用ケーブルが送られてきます。

あなた自身が電気のコンセントを差し込む感覚で、光コンセントとモデムを繋ぎます。

ソフトバンク光の申し込み後に、必要な機器が一式送られてきます。
専門スタッフが、あなたの部屋にくることはありません。

あなた自身で専用ケーブルが届く範囲内に、モデムを置いて専用ケーブルを繋いでください。

築年数の新しいアパートでは、すでに光コンセントが整備されています。

壁に穴あけを必要とした場合の工事費は26,400円

アパートに光回線の設備がないと、壁に穴あけが必要な工事になります。

大型のドリルで、壁におっきな穴を開ける訳ではありません。

エアコンのダクトなど、すでに外部から室内に引き込まれたケーブルの穴を利用します。

近くの電柱からあなたの部屋まで、光回線をとおしてから、室内に光回線を引き込みます。

ファミリータイプ(戸建て)と同じ回線工事になるので、1番やっかいな工事と言えるでしょう。

専門スタッフが来て、外部の工事に約1時間ていど。
室内に光回線を引き込むのに、1時間弱と時間がかかります。

あなたご自身か、ご家族の立ち合いが必要な工事になります。

これまでにご紹介した3つのパターンの工事、事前に大矢さんか管理会社に許可を取ってください。

ソフトバンク光はアパートでも料金体系が2パターン

壁に穴あけをしない場合4,180円(税込み)
壁に穴あけをした場合5,720円(税込み)

ソフトバンク光をアパートで利用すると、ほとんどの場合でマンションタイプの月額料金になります。

しかし、壁に穴あけが必要な工事をすると、ファミリータイプ(戸建て)の月額料金が請求されます。

ソフトバンク光はアパートで使っても、工事の方法で2パターンの月額料金になります。

ソフトバンク光の申し込みをすると、ソフトバンクが調査をして、工事方法がきまります。

その前にも「ソフトバンク光を利用したい」と大家さんか、管理会社に許可を取ってください。

許可を取るときに、光回線の設備がすでにアパートにあるかわかるでしょう。

ソフトバンク光の工事ができない場合の対処方法

ソフトバンク光の対応エリア外だったり、回線工事ができない場合もあります。

また壁に穴あけが必要だと、大家さんの許可が出ない場合もあります。

別の記事では、ソフトバンク光の工事ができない、4つのパターンをご説明しています。

そして工事ができない場合の、代替のインターネット回線もご紹介しています。

ソフトバンク光の利用を事前に大家さんか、管理会社に確認して断られたときに参考にしてください。

インターネット回線は、今の生活には必要なインフラ設備です。

光回線が利用できない方が少ないのですが、万が一もありますので、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンク光の工事ができないパターン!【2つの対処方法もご紹介】

【まとめ】ソフトバンクエアーの工事には3パターンある

ソフトバンク光の工事は、アパートの状況によって3つのパターンがあります。

ソフトバンク光の申し込みをする前に、大家さんか管理会社に確認してください。
おおまかに工事の方法が、申し込み前にわかるでしょう。

詳細な状況が分からなくても、ソフトバンク光の申し込み後、ソフトバンクの調査で工事方法がわかります。

\アパートではスプリッターが一般的!/
タイトルとURLをコピーしました